センター概要

ホーム > センター概要

センター概要

設立までの経緯

学校教育高度化・効果検証センター(Center for Advanced School Education and Evidence-based Research; CASEER)は、2017(平成29)年度にこれまでの学校教育高度化センターを改組して設置されました。 学校教育高度化センターの前身は、1997(平成9)年度創設の、学校臨床総合教育研究センターでした。このセンターは、「いじめ」「不登校」「教師の研修システム」「教師のストレス」「学力問題」「学力向上の学習環境支援システム」の研究など、学校現場のアクチュアルな問題の解決を目指して活動していました。 学校臨床総合教育研究センターが改組され、学校教育高度化センターとなったのは、2006(平成18)年度でした。教育学研究科に新設された学校教育高度化専攻と協力しつつ、国内外の大学機関・教員養成機関、教育委員会、学校等との連携を基盤として、教職専門性の高度化、教育内容の高度化、学校開発政策の高度化を推進することを目的としていました。 今回2017年度の改組は、中等教育の効果を検証する機能を充実させるためのものです。

新たに設立された学校教育高度化・効果検証センターは、「グローバルユニット」と「効果検証ユニット」という2つのユニットを核として、学校教育のさらなる発展を促進するための研究や実践活動を行っています。

 

各部門・ユニットの活動

グローバル部門」は、教育の国際化に関連した研究の推進、センターおよび若手研究者の国際発信力の向上等活動を行うユニットです。具体的には、教育学研究科の協定大学と連携した若手研究者の海外研修、国際シンポジウムの開催、海外からの研究者や日本への教育視察団の受け入れと研修などを実施しています。2年おきに設定される共通の研究テーマのもとで大学院生が企画する研究プロジェクトを支援するのも、学校教育高度化センターの時代から継続しているこのユニットの事業の1つです。その成果は、ストックホルム大学との共同国際シンポジウムで発表されるなど、大学院生の相互交流にも貢献しています。

効果検証部門」は、教育学研究科附属中等教育学校(附属学校)との密接な連携のもと、中等教育および高等教育の効果を検証することを通じ、実証的根拠に基づく研究教育の基盤を構築することを目的とした、新しい部門です。中等教育ユニットでは、ディープ・アクティブラーニングをはじめとする教育システムの実証的な開発や政策立案を目指し、附属学校の在校生・卒業生のパネル調査を継続的に実施するとともに、附属学校で展開される様々な学校教育高度化の試みの効果検証に資する研究プラットフォームの構築・運営を行っています。

 

 組織図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡先

[アット]部分を@にして送信してください。

  • 効果検証部門    c-kouka[アット]p.u-tokyo.ac.jp/03-5841-8734
  • グローバル部門   c-kodoka[アット]p.u-tokyo.ac.jp/03-5841-1749