イベント

ホーム > イベント

イベント

オンライン国際シンポジウム: 国際的文脈における日本式全人的な教育モデル(言語:英語)のお知らせ

2022.01.29

単に狭義の「勉強」ではなく、生徒を全面的に成長させようとすることは、現在では世界的に教育者の目標となりつつある。本オンラインの国際シンポジウムは、日本式の全人的な教育モデルが国内、そして、エジプト、インドネシア等の国外でどのように展開しているかを見る。

 

ポスターをダウンロード

日時

2022年1月29日(土) 11:30-16:00

[Session I] 11:30-13:45

[SessionII] 14:00-16:00

 

エントリー方法

こちらのリンクからZoom登録、もしくは当日お使いになるデバイスで下記のQRコードを読み込んでください。

 

言語

英語

 

プログラム

Session I: Educational Transfer of Japanese Educational Models
11:30-11:45 Opening Remarks Chair  Ryoko Tsuneyoshi

Vice President & Specially Appointed Professor of the Graduate School for Foreign Languages, Bunkyo Gakuin University

11:45-12:10 Lesson Study and the Japanese Model of Holistic Education Catherine Lewis

Professor, Mills College, President, World Association for Lesson Studies

12:15-12:35 Japanese Model of Holistic Education and Educational Development Yuto Kitamura

Professor, Graduate School of Education, University of Tokyo

12:35-12:50 Promoting Holistic Education:

How JICA may be of Assistance

Shinichiro Tanaka

Senior Advisor (Education), Japan International Cooperation Agency

13:00-13:45 Discussion  

 

 

Session II: Localization of Holistic Educational Models

 

14:00-14:15 Edu-Port Project:

Japanese Style Public Health Education

Nobuhiro Setoguchi

Senior Consultant

PADECO Co., Ltd.

Saki Kishimoto

Consultant/Analyst

PADECO Co., Ltd.

14:15-14:25 Japanese Style Public Health Education:

A Response from Teachers

Kazuhiko Nambu

Specially-Appointed Professor, Bunkyo Gakuin University

Yuji Nishiyama

Yumiko Bessho

Educators, Bunkyo Gakuin Girls’ Junior & Senior High School

14:25-14:40 Japanese Style of Instrumental Music Education in Vietnam and Egypt

(Examples from the Japanese Private Sector)

Hiroshi Tamezawa

Assistant Manager, Yamaha Corporation

14:40-14:55 Examples of Localization 1:

Holistic Educational Practice in Indonesia:

Continuity and Challenges

Tatang Suratno

Professor, Indonesia University of Education

Yohana Dhita Mahayani Dewi

Principal, St. Yusup Elementary School

Lidwina Eva Septiani

Principal, St. Yusup Junior High School

14:55-15:05 Indonesian Educational Reform and Tokkatsu Introduction Kanako Kusanagi

Assistant Professor, CASEER, Grad. School of Ed., The University of Tokyo

15:05-15:20 Examples of Localization 2:

Japanese Style Education in Egypt:

Localization of Tokkatsu Activities in the Egyptian Educational context

Aziza Ragab Khalifa

Minister Counsellor & Head of R&D Team, Ministry of Education

Suzan Yousef

Principal, EJS Faisal

15:20-15:50 Q&A / Discussion
15:50-16:00 Closing Remarks Chair

 

資料共有について

プレゼンテーションの短縮版を下記のWebサイトにて、日本語、アラビア語、マレー語、およびインドネシア語の字幕付きで提供します。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~tsunelab/tokkatsu/

https://padeco.education/holisticeducation

世界とつながる日本の全人的な教育

関連リンク

1 Educating the Whole Child: Tokkatsu (website)

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~tsunelab/tokkatsu/

2 EDU-Port Japan

https://www.eduport.mext.go.jp/en/

3 PADECO

https://padeco.education/   (EDU-Port Research Project)
https://www.eduport.mext.go.jp/case/research/project-list/

4 School Project, Yamaha Corporation

https://www.yamaha.com/en/about/activities/school_project/

5 Center for Advanced School Education and Evidence-based Research (CASEER), Graduate School of Education, The University of Tokyo

https://www.schoolexcellence.p.u-tokyo.ac.jp/

6 World Association of Lesson Studies (WALS)

https://www.walsnet.org/

7 Global Citizenship Education in Japan, Malaysia, and Indonesia

(Toyota Foundation International Grant Program)

https://sites.google.com/iium.edu.my/gem-takaromono-project/home

 

共催

Interplay with the Japanese Model of Education: The Local

Context in Malaysia and Indonesia

Grants-in-Aid for Scientific Research, Kaken C, Number 20K02557

(Ryoko Tsuneyoshi)

 

2021 EDU-Port Japan Research

“Development of an educational model for solving public health and

SDGs issues through online “Tokkatsu” (special activities)” operated

by PADECO Co. LTD.

 

後援

CASEER, Graduate School of Education, The University of Tokyo

Grant-in-Aid for Young Scientists, Number 21K13530 (Kanako Kusanagi)

 

Japan International Cooperation Agency (JICA)

 

Bunkyo Gakuin University Girl’s Junior and Senior High School

 

 

 

 

——————————————————————————–

お問い合わせ

holistic_edu@padeco.co.jp .

 

 

センター主催シンポジウム「これから求められる主体的・探究的な学びのかたちとは―東大附属中等教育学校での教育実践と効果検証から見えてくるもの―」

2022.02.13

異文化理解教育とグローバルシティズンシップに関するレクチャーシリーズ Stanford /UTokyo Partnership Program on International/ Cross-Cultural Education and Global Citizenship

2021.11.02
スタンフォード大学SPICE(国際・異文化教育プログラム) × 東京大学CASEER(学校教育高度化・効果検証センター)
オンライン・レクチャーシリーズ概要

ポスターをダウンロード

2021年度後期より、東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター(CASEER)では、スタンフォード大学国際・異文化教育プログラム(SPICE)と連携し、異文化間教育とグローバルシティズンシップに関するオンライン・レクチャーシリーズを開催することになりました。

スタンフォード大学SPICEは、異文化理解と多文化共生、グローバル教育の観点に立ち、学校カリキュラム開発、教員の職能開発、オンライン教育を推進しており、日米交流に大きな実績を持つ組織です。

このレクチャーシリーズは、異文化・国際教育を巡る研究と実践を共有するためのプラットフォームを提供し、相互の親密な議論を通して、両大学間の協働を促進し、研究者と学生の皆さんに研究への参加の機会を生み出すことを目的としています。

2021年度は以下の日程で、SPICEと教育学研究科の関係者を対象にオンラインを活用したレクチャーシリーズを開催します。スタンフォードと東大の研究者が相互に研究発表を行い、それを基に議論をしたいと思います。異文化間教育や国際教育に関心を持つ人はもちろん、広く日米の教育に関心を持つ人の参加を歓迎します。アットホームな雰囲気の中で日米の国際交流を図りたいと思います。学生の皆さんはぜひ気楽に参加して下さい。

 

  • このプログラムは教育学研究科の国際研修に指定されています。
  • 東京大学ご所属の方(教員・学生)が参加できます。
  • 関心ある回のみの参加も可能です。
  • 英語で実施されます。

 

日時

毎月1回、第1火曜日の9時から10時15分(日本時間)に定期開催(1月、2月は第2火曜日)

 

場所

Zoom(お申込みいただいた方に、個別にご案内いたします)

 

プログラム
○第1回 2021年11月2日

福留東土(教育学研究科)
Hideto Fukudome
Multiculturalism and Classical Tradition in Liberal Education: Comparative and Historical Perspectives

○第2回 2021年 12月7日

Gary Mukai(Stanford SPICE)
Online Instruction for High School Students

○第3回 2022年1月11日

北村友人(教育学研究科)
Yuto Kitamura
Teaching and Learning Transversal Competencies through Education for Sustainable Development (ESD): Implications from a Survey Conducted in Yokohama City, Japan

○第4回 2022年2月8日

Rylan Sekiguchi(Stanford SPICE)
Curriculum and Instruction: What Does It Mean to Be an American?

○第5回 2022年3月1日

額賀美紗子(教育学研究科)
Misako Nukaga
Visibilizing The Second Generation Immigrants in Japan: Divergent Pathways of Acculturation and Educational Inequity

○第6回 2022年4月5日

Mariko Yang-Yoshihara(Stanford SPICE)
Learning Assessment in Online Courses

 

お申込み先

関心のある方は以下から登録して下さい。必要な情報を送ります。

(参加登録後、当日までにZoomのURLをお送りします)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSed9RpkWXTippIBuuMpVPvNDK1daJCXbcGFaUN9aUFmXMgMTw/viewform?usp=sf_link

 

問合せ先

学校教育高度化・効果検証センター c-kodoka@p.u-tokyo.ac.jp

 

 

 

公開シンポジウム「高等教育の革新とICT活用の将来展望」

2021.09.28

公開シンポジウム「人文社会科学系の大学教育を吟味する 〜分野別習得度の調査結果に基づいて〜」

2021.09.15

東京大学教育学研究科×Learning for All合同公開シンポジウム「誰も置き去りにしない教育を ―社会で取り組む子どもの貧困」

2021.07.27

【共催シンポジウム】 「驚きと創造性に耳を傾ける 〜スウェーデンのレッジョ・インスピレーションとの対話〜」

2021.05.09

センター主催オンライン公開研究セミナー「パンデミックとアメリカの大学」

2021.03.22

センター主催シンポジウム「主体的・探究的な学びの体験がもたらす高大接続・社会への貢献-東大附属中等教育学校での学びの長期的効果-」

2021.02.07

センター主催ワークショップ「School-to-School Collaboration in Diverse Policy Contexts: Achievement and Challenges」

2020.01.23