イベント

ホーム > イベント

イベント

公開シンポジウム「高等教育の革新とICT活用の将来展望」

2021.09.28

東京大学教育学研究科・工学系研究科 主催

東京大学教工連携 第1回公開シンポジウム

高等教育の革新とICT活用の将来展望

 

ポスターをダウンロード

 

日時

2021年9月28日(火) 13:00~17:00

 

開催方法

Zoomウェビナーによる公開シンポジウム

 

参加申し込み

下記専用フォームより、必要事項をご記入の上送信ください。

https://forms.gle/R8Z7pvkuBSfzwVrQ6

 

 

プログラム

 

✥開会挨拶 13:00-

福留 東土 教授(教)

✥趣旨説明 13:05

藤田香織 教授(工)

✥研究科長挨拶 13:10-

小玉重夫 教育学研究科長

染谷隆夫 工学系研究科長

✥基調発表 13:20

東大全学のオンライン教育について

栗田佳代子 教授(教)・吉田塁 准教授(工)

 

✥両研究科からの研究・実践発表

接触・混雑度確認アプリMOCHAを通じて見えた「キャンパス」の役割 13:50-

川原圭博 教授(工)

全国大学教員調査から見たオンライン授業 14:15-

両角亜希子 准教授(教)

大学キャンパスのダイナミズムを活かす設計と個別改修 14:40-

千葉学 教授(工)

空間UIとICT活用の現状 15:20

淺川俊彦 副校長・山本奈緒子 教諭(教・付属学校)

リモートものづくり教育:実践で見えてきたポストコロナへの可能性と課題 15:45

長藤圭介 准教授(工)

保育・幼児教育領域におけるSociety5.0に向けて:ICT機器を活用した実証研究の紹介 16:10

野澤祥子 准教授・高橋翠 助教(教)

質疑応答 16:35-

 

✥閉会挨拶 17:00-

秋田喜代美 教授(学習院大学・前教育学研究科長)

 

 

本シンポジウムに関するお問い合わせ先

highereducation.jp(a)gmail.com

※(a)を@に置き変えて送信ください。

 

公開シンポジウム「人文社会科学系の大学教育を吟味する 〜分野別習得度の調査結果に基づいて〜」

2021.09.15

ポスターをダウンロード

 

シンポジウム概要

大学教育のアウトカムに関心が高まっているが、専門分野別の教育内容・方法および習得度に関して、多くの大学を貫く形で検討する試みは、まだ非常に少ない。本研究プロジェクトでは、日本学術会議が作成した専門分野別の「参照基準」から作成した項目を用いて、大学在学時から卒業後にかけて追跡調査を実施することにより、人文社会科学系10分野の大学教育のアウトカムを吟味することを目的としている。この公開シンポジウムでは、現時点で得られているデータの分析結果を中間報告し、議論に一石を投じたい。

 

日時

2021年9月15日(水)18時~20時30分

 

場所

Zoomウェビナー(お申込みいただいた方に、個別にご案内いたします)

 

プログラム
○開会挨拶 調査の背景・目的・概要

本田由紀(東京大学大学院教育学研究科 教授)

 

○調査項目の作成プロセス

香川めい(大東文化大学社会学部 准教授)

 

専門分野別習得度と関連する大学教育は何か

小山治(京都産業大学全学共通教育センター 准教授)

 

「仕事・地域と関連する大学教育」の功罪

二宮祐(群馬大学学術研究院  准教授)

 

コメント

松下佳代(京都大学大学院教育学研究科高等教育研究開発推進センター 教授)

福留東土(東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター 教授)

 

総括討論

 

お申込み先

以下のフォームよりご登録ください。

(参加登録後、当日までにウェビナーのURLをお送りします)

URL:https://forms.gle/TQsuyq9SqTm5mF3D6

本シンポジウムは公開で行われ、どなたでも参加できます。

 

共催

調査に対する協賛:日本学術会議第一部

共催:東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター

日本学術振興会科学研究費補助金プロジェクト名:

大学教育の分野別内容・方法とその職業的アウトカムに関する実証研究」

(種目:基盤研究(A)(一般)、2018-2022年度、課題番号:18H03657、研究代表者:本田由紀)

 

 

東京大学教育学研究科×Learning for All合同公開シンポジウム「誰も置き去りにしない教育を ―社会で取り組む子どもの貧困」

2021.07.27

当日の発表資料について

本イベントは終了いたしました。 多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。多くのご希望をいただきましたので、当日の発表資料を下記にて公開させていただきます。

今後も様々な企画を行って行く予定です。本センターのメーリングリストへの登録をご希望の方は、こちらからご登録のほど、よろしくお願いいたします。

 

ポスターをダウンロード


シンポジウム概要

経済的に豊かにみえる日本の中で、苦しんでいる子どもたちがいます。様々な意味での子どもの貧困について社会が考え、解決のために取り組む必要があります。このシンポジウムは子どもの貧困問題に取り組むNPO法人Learning for Allと東京大学教育学研究科がはじめて合同で開催するシンポジウムです。ともに協力して問題の解決を目指すために、参加者の皆様とともに課題の所在と構造を考えたいと思います。関心をお持ちの皆様の参加をお待ちしています。

 

 

日時

2021年7月27日(火)18時~20時

 

場所

Zoomウェビナーによるオンライン開催(お申込みいただいた方に、個別にご案内いたします)

 

参加申込

参加申込はこちら

(参加登録後、当日までにウェビナーのURLをお送りします)

本シンポジウムは公開で行われ、どなたでも参加できます

 

プログラム

 

〇開会挨拶

小玉重夫(東京大学大学院教育学研究科長)

 

〇趣旨説明・司会

福留東土(学校教育高度化・効果検証センター長)

 

〇「子どもの貧困の実態と課題」

李炯植(Learning for All 代表理事)

 

〇「Learning for All の活動から見えるもの」

多田理紗(Learning for All 子ども支援事業部マネージャー)

 

〇「Learning for All で活動する大学生の声」

松村磨季(東京大学2年)

 

〇コメント

「バリアフリーの観点から」

小国喜弘(バリアフリー教育開発研究センター長)

 

「教育社会学の立場から」

本田由紀(東京大学大学院教育学研究科・教授)

 

〇質疑応答

 

共催

NPO法人Learning for All

東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター(CASEER)
東京大学大学院教育学研究科バリアフリー教育開発研究センター(CBFE)

【共催シンポジウム】 「驚きと創造性に耳を傾ける 〜スウェーデンのレッジョ・インスピレーションとの対話〜」

2021.05.09

ポスターをダウンロード

 

日時

2021年5月9日(日)16時~18時半

 

場所

Zoomウェビナーによるオンライン開催(お申込みいただいた方に、個別にご案内いたします)

参加申込

以下イベントページの参加申込フォームより,事前参加登録をお願いします。
(お一人ずつお申込みください。)
http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/event/25331/

 

プログラム

 

〇開会挨拶 小玉 重夫(東京大学大学院教育学研究科長)

 

〇講演1 「実践のエコロジー —教育における創造性と発明についての思想と省察—」
(An Ecology of Practices – Thoughts and Reflections on Creativity and Invention in Education)
Gunilla Dahlberg(ストックホルム大学名誉教授)

 

〇講演2 「教育実践における創造性—レッジョ・エミリアからの啓発—」
佐藤 学(東京大学名誉教授)

 

〇対談  Gunilla Dahlberg × 佐藤学 両氏による対談

 

〇閉会挨拶 浅井 幸子(東京大学大学院教育学研究科准教授/Cedep副センター長)

 

共催

東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)
スーパーグローバル大学創成支援事業(SGU)
東京大学教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター(CASEER)

後援

「子どもの育ちと学びの記録による保育評価とその国際的ネットワークの展開」
(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))18KK0059)

センター主催オンライン公開研究セミナー「パンデミックとアメリカの大学」

2021.03.22

ポスターをダウンロード

 

日時

2021年3月22日(月)18:00~20:00

 

場所

Zoomウェビナーによるオンライン開催

 

参加申込

以下のURLにアクセスして事前参加登録を行って下さい。

後日、登録されたメールアドレスに当日用のURLをお送りします。
https://forms.gle/Yadvaxm3RpXQUCyX8
定員300名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

申し込み期限:3月18日(木)

 

プログラム

趣旨説明・司会

  • 「パンデミックの国際比較から何が見えるか」
    福留 東土
    (学校教育高度化・効果検証センター長、大学経営・政策コース)
  • 「COVID-19 が映し出す大学の価値と脆弱性」
    長沢 誠(埼玉大学)
  • 「COVID-19 による高等教育機関の経済損失と経済支援への影響」
    川村 真理(政策研究大学院大学)
  • 「COVID-19 による外国人留学生の受入れへの影響とその動向」
    佐々木 直子(電気通信大学)
  • 「COVID-19 による学寮を巡る影響とその動向」
    蝶 慎一(広島大学)
  • コメントと質疑応答

 

セミナーに関するお問合せ先

highereducation.jp@gmail.com

 

主催:東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター
共催:大学経営・政策研究センター

 

センター主催シンポジウム「主体的・探究的な学びの体験がもたらす高大接続・社会への貢献-東大附属中等教育学校での学びの長期的効果-」

2021.02.07

センター主催ワークショップ「School-to-School Collaboration in Diverse Policy Contexts: Achievement and Challenges」

2020.01.23

センター主催シンポジウム「主体的・探究的な学びの体験が育むライフキャリアー東大附属中等教育学校での学びの実践」

2020.01.13

センター共催:第三世界の教育研究会「スキルと学歴の経済的価値: OECD国際成人力調査(PIAAC)データを用いた社会学的研究」

2019.10.04

後援:第4回認知カウンセリング研修会

2019.06.15