学びと仕事の東大附属卒業生調査

ホーム > 学びと仕事の東大附属卒業生調査

学びと仕事の東大附属卒業生調査

調査にご協力いただいた皆様へ

拝啓 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、この度はわたくしども東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センターの研究プロジェクトである「附属学校データベースプロジェクト」による「学びと仕事の東大附属卒業生調査」に、ご多忙中にもかかわらずご協力いただき、まことにありがとうございました。 紙の調査票による調査およびWebによる調査によって、多くの方々から貴重なご回答をいただくことができました。

本調査は、2015年度から6年間継続する附属学校の第3期中期計画の一環として実施されました。調査の結果は、貴重な研究成果として東大附属の教育をより一層充実させるために役立てさせていただくとともに、広く教育のあり方を研究するために有効に活用させていただきます。また、研究成果はこのWebサイトを通じて随時公開させていただく予定です。

略儀ながら、この場を借りて、深くお礼申し上げます。

敬具

2018年11月

 

個人情報に関するお問い合わせについて

今回の調査について、「東大附属の卒業生が個人情報を漏えいさせているのではないか?」という旨のお問い合わせが数件寄せられています。しかし、このような事実は全くございません。具体的な調査体制およびデータの取り扱いは以下の通りです。

  • 調査体制

今回の調査は東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センターと東京大学教育学部附属中等教育学校の連携のもと行われている調査です。そのため、東大附属の卒業生は一切かかわっておりません。また、本調査に係る支出は東京大学の「国際卓越大学院プロジェクト」ならびに効果検証センター予算から行われており、他の学内外の団体・個人との金銭的・人的関連は全くありません。

 

  • 調査IDと個人情報の対応

今回の調査では、3つの情報がポイントになります。

  1. 調査ID(大学が調査のために設定したランダムの6ケタの数字)
  2. 同窓会会員番号
  3. 個人情報(住所・氏名など)

調査を実施するにあたり、調査票をみなさまのご自宅に送付させていただいております。この手続きは、同窓会のご紹介により、同窓会報送付時と同じ業者に依頼しております。大学が業者から得た情報は、調査IDと同窓会会員番号の対応表のみであり、住所・氏名などの個人情報は大学には渡っておりません。つまり、大学が把握しているのは「どの調査票をどの同窓会会員番号の方に送ったか」のみです。また、会員番号と個人情報の対応に関する情報は、同窓会により保管されていますが、同窓会関係者は研究には従事しておりません。したがって、大学側がみなさまの個人情報を特定することはできませんし、同様に、同窓会関係者が皆様の回答した調査IDを特定することもできません。

 

  • 測定されたデータの扱い

回答済み調査票やWEBでの回答データは匿名化、暗号化されているため、そこから個人情報を特定することはできません。また、これらのデータを取り扱うことができるのは当センターの担当者 (教員) であり、これ以外の教職員、附属学校卒業生、同窓会関係者がデータに触れる機会は全くありません。また、皆様にご回答いただいたデータは、当センターにてファイアウォールなどで多層防御したコンピュータに厳重に保管してあります。

 

以上のことから、本調査に関わって卒業生が個人情報を漏えいさせることはできない仕組みとなっており、現に、これまでにも個人情報が漏えいしたという事実は一切ございません。
皆様にはご心配をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんが、本調査の個人情報保護体制につきましてご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

調査の概要

附属中等教育校 (附属中学校・高等学校) の卒業生の方々が在学時に経験された主体的で探究的な学びが、その後のキャリアにどのような影響を与えうるのかを明らかにすることを目的とした、教育学・心理学・社会学・経済学を横断する学際的研究です。学校教育高度化・効果検証センター 効果検証部門と附属中等教育学校の連携のもと行われているこの調査は,のべ5000人以上の附属学校卒業生の方々を対象とし,2017年度末に実施されました。